ブログ

明朗は健康の父、愛和は幸福の母(明朗愛和)

images

練馬区倫理法人会 ねりりんメルマガライター 木本健一です。

あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い致します!
今回は、明日 1/5(火)のモーニングセミナーで輪読を行う第8条「明朗は健康の父、愛和は幸福の母」について紹介します!
【第8条】
明朗は健康の父、愛和は幸福の母 (明朗愛和)

<概要>
明朗、つまり、人の明るさは、肉体健康・家庭健康・事業健康の根源である。
愛和、つまり、人の愛情とは、すべての幸福の根源である。
明るく朗らかに、愛情溢れる毎日を過ごすことで、家庭も仕事も人生も輝かせよう!

=============

練馬区倫理法人会が大切にしていることの一つが、
「明朗・愛和・喜働に生きる」ことです。

そしてこの言葉の順番が大事!

『明るい心(明朗)で、みんな仲良く(愛和)、喜んで働く(喜働)』

喜んで働けることは幸せなことです。そしてそれが「生活の筋道」でもあります!

みなさんは、喜んで働けていますか!?
みなさんの仕事に対する態度が、純粋倫理でいう所の「喜働」であるかどうかを確認する簡単なチェックポイントがあります。
工藤直彦 倫理経営インストラクターに教えて頂きました。それは

『仕事を頑張ったと感じた時、自分へのご褒美をあげているかどうか。』

を考えることです。
「高価なものを買う」「美味しいものを食べる」などをしている場合、「喜働ではない」ということになります!

ご褒美は辛いことを行ったときに必要なもの。
仕事をすればするほど、対価として得たお金がどんどん消えていきます。
そして、ストレスだけが残り溜まっていって、幸せになれないのです。

「喜働」に近づけるためには、意識的に自分へのご褒美を買わないようにすると良いとのこと。
全ての働く人が、自分の仕事の価値に気付き、自分の仕事が大好きになり、純粋倫理でいうところの「喜働」を実現できる社会にしたいですよね。

まずは自分から変えてみましょう!
そして、今年一年が良い年になるように、良いスタートを切りませんか^^

明日、みなさんと今年最初のモーニングセミナーでお会いできることを楽しみにしています!

 

◇明日の講話~「会員スピーチDay」

明日は、講師の先生をお呼びしての講話ではなく、『会員スピーチDay』と題して、ねりりん会員のスピーチをお届けします!
練馬区倫理法人会の会員7名が、これまでの実践報告と2016年の意気込みを語ります。

 

◇練馬区倫理法人会とは??

練馬区倫理法人会は、全国670単会ある倫理法人会のうちの一つ。

「成幸法則を勉強する会」であり、毎週1回朝早くから行われるモーニングセミナーでは、毎回「万人幸福の栞の輪読」を行っています。
勉強の題材である「万人幸福の栞」とは、

困った時に読む「人生の辞書」
幸せな人生を歩むために読む「人生の道しるべ」
『読んでそのまま実践すれば人生が良くなる!
何も足さず、何も引かず、素直にそのまま実践する!』
練馬区倫理法人会では、20代から70代と幅広い年齢層、職種も様々な150名弱の人たちが、
それぞれが思い描く幸せな人生を歩むために、素直な心と実践力を磨き続けています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る