ブログ

信ずれば成り、憂えれば崩れる

20151026_写真①中野さん

練馬区倫理法人会 ねりりんメルマガライター 木本健一です。
今回は、明日 10/27(火)のモーニングセミナーで輪読を行う第15条「信ずれば成り、憂えれば崩れる」について紹介します!
【第15条】
信ずれば成り、憂えれば崩れる (信成万事)

<概要>
憂えるのは、疑いの心を持つからである。
そして、その結果失敗する。

憂えるの反対は、喜ぶこと・希望に燃えること・信じること。
信念を練り固め、練り上げることによって、事が成就する。

信念のもとに行動すれば、必ず信じた通りになる。
動かぬ信念を持ちましょう!

=============

「始発の電車に乗っても、モーニングセミナーに間に合わない。」

ねりりんのセミナー内容やそこで学ぶ仲間が魅力的!
けれども、始発電車に乗っても会場への到着が7時27分。
いやぁ、これは厳しい。。
多くの人は、ねりりんへの入会を諦めてしまうでしょう。
あなたはいかがですか?
どう頑張ってもモーニングセミナーには参加できない。
そう知っていながらも、ねりりんへの入会を決意した無謀な(!?)男がいるのです。
それが、明日の講話者 中野宏一 副事務長!
<中野さんの写真>
多くの人が取らないであろう選択肢をなぜ中野さんは選んだのか。
『心を決めれば、自ずと道は開かれる!』
中野さんは、自身の信念をもとに行動したのです。
勇気ある選択と見える彼の行動は、彼にとっては「当たり前」の行動だったのです。

すると、中野さんに応援者が現れました!
近くに住んでいる会員の方とたまたま出会い、車に同乗させてもらうことができたのです。

結果、仲間の協力を得て6時半開始のモーニングセミナーに参加することが可能になりました。
それどころか、朝5時台から始まる準備や朝礼への参加もできるようになったのです。

状況が整ってから行動を起こすのではなく、まずは行動を起こす!
信念を持って行動すると、後から状況が整ってくる。
目の前にある見えないチャンスを掴む方法を、
変化の激しい今の社会を生き抜く方法を、
中野さんは身をもって教えてくれました。
信成万事の実践者 中野さんの体験談から、
「人生を豊かにするヒント」を受け取りに来たみなさんにお会いできることを楽しみにしています♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!
◇明日の講話~「倫理は実践で完結する」 中野 宏一氏

明日の講話者は、練馬区倫理法人会 中野 宏一 副事務長

信成万事の実践者!
上で紹介した入会時のエピソードの他にも、学生時代に力をいれていたサッカー部での活動中に、心を決めると成就する経験をしていたとか。。

入会後、仕事も絶好調!
ねりりんの中でも副事務長のお役を受けて、会の中心的存在として活動しています。

多くの体験を通じて得た学びのおすそ分け。珠玉のプレゼントを受け取りに来てください(^O^)!!
◇練馬区倫理法人会とは??

練馬区倫理法人会は、全国670単会ある倫理法人会のうちの一つ。

「成幸法則を勉強する会」であり、毎週1回朝早くから行われるモーニングセミナーでは、毎回「万人幸福の栞の輪読」を行っています。
勉強の題材である「万人幸福の栞」とは、

困った時に読む「人生の辞書」
幸せな人生を歩むために読む「人生の道しるべ」
『読んでそのまま実践すれば人生が良くなる!
何も足さず、何も引かず、素直にそのまま実践する!』
練馬区倫理法人会では、20代から70代と幅広い年齢層、職種も様々な170名以上の人たちが、
それぞれが思い描く幸せな人生を歩むために、素直な心と実践力を磨き続けています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る